おばちゃんだって痩せたぞ!

《りんご体型のダイエット日記》9カ月で9キロ痩せました♪ブログとダイエットを同時に始めた53才です!

室内で出来る『スロージョギング&ターン』を始めました(^^)v

こんにちは(^-^)

朝から霧雨が降ったり止んだり、湿度も高いのでテンション低めです(^^;)

 

さて、今日は『スロージョギング』の室内版をご紹介します。

 

ご存知の方もいると思いますが、『スロージョギング』は“走る医学博士”と呼ばれる福岡大学スポーツ科学部の田中宏暁教授が提唱している健康法で、テレビ番組“あさイチ”、“世界一受けたい授業”などでも紹介されて、本も出ています。

 

歩幅は小さく、歩くスピードと同じ遅さで、かなりゆっくりジョギングするのですが、大事なのは親指の付け根で着地し、かかとは上げ続けること。もちろん、膝は高く上げたりしません。

ニコニコおしゃべりしたり鼻歌を歌ったりできぐらい楽に、息切れしない遅さを意識すると、疲れず膝も傷めず長続きするそうです。

 

足踏みのようなジョギングですが、かかとを上げ続けることで第2の心臓と言われるふくらはぎの血流が大幅にアップして、血管を柔らかくし動脈硬化の予防になるうえ、歩くスピードと同じなのに歩くより消費カロリーが2倍なので脂肪燃焼効果もありダイエットにもピッタリ

 

テレビ番組では実際に実践した人が、血圧と血糖値が下がり、体脂肪も体重も減っていました(^^)

 

運動習慣のない人でも、高齢者でも無理なく出来るという画期的な『スロージョギング』なのですが、わざわざそのために外に出るというのが億劫なりんごおばちゃん🍎なのです・・・(-_-;)

 

が、それを室内で出来るバージョンがあると知り飛びつきました!

 

それが、5月に発売されたNHKガッテン!科学のワザで一生やせる。』に載っていたスロージョギング&ターンです↓  

NHKガッテン! 科学のワザで一生やせる。 (生活シリーズ)

NHKガッテン! 科学のワザで一生やせる。 (生活シリーズ)

 

 

スロージョギングの方法は外の場合と同じですが、更に歩幅は小さくゆっくり歩くスピードで、親指の付け根で着地し、かかとは上げ続けて、6歩走ったらターンして、逆向きに6歩走ってターンを繰り返します。

同じ方向にターンし続けると目が回るので、ターンするごとにターンする軸足は左右入れ替えて反対方向に回ります

 

具体的に説明すると・・・

スロージョギング 右足左足右足左足右足左足右足を軸にしてゆっくりにターンして両足を揃える→スロージョギング 左足右足左足右足左足右足左足を軸にしてゆっくり右にターンして両足を揃える→スロージョギング 右足・・・

と続けます。

 

滑ると危ないので素足で行うこと、1分スロージョギング&ターンをしたら、30秒ウォーキングで休憩を入れながら、1日30分が目安。

 

部屋着のまま出来るし、狭い部屋の中でも出来るし、テレビを見ながらでも出来るので、ズボラな私でも続けられています(#^.^#)

さすがに、まだ30分継続は出来なくて、5~10分を1~2回やってる程度です。

リズミカルに出来るので、意外?と楽しいのでおススメです♪

 

 

さて、今日の体組成計の測定結果は・・・

 

f:id:obaponko:20170801111600j:image

 

昨日と同じ体重をキープしてますが、やっぱり体脂肪を減らして筋肉を増やしたいですね(>_<)

ダイエット中の皆さま、頑張りましょう(^O^)